水泡眼/スイホウガン(金魚)の飼育!販売・値段・寿命・病気について。

本日は水泡眼/スイホウガンという金魚の飼育方法についてです。

金魚は飼育魚の中でもかなり魅力的なジャンルの一つでもありますね。温度管理は不要とはいきませんが、熱帯魚ほど温度管理に徹底する必要もなく涼しい季節、寒い季節だけヒーターを使用するので充分です。

どうしてもヒーターを使用したくないなら冬眠させるという方法もありますからね。

そして、餌も簡単で良質な人工飼料を与え続ければすくすく育ってくれます。それが肉食魚となったらたまには生餌を与えたほうが良いので餌の部分に関しても非常に手軽です。

気を付けなければいけいないことといえば、観賞魚の基本通りになります。混泳するにしても水槽サイズに合っている数を入れる。酸素不足にならないように。水質は整える。

こういったことができれば大体の金魚は飼育できるんではないかなと思います。ただ、そんな中でも水泡眼/スイホウガンという金魚はデリケートなのでオランダ獅子頭やランチュウなどと比べると難しい部分があります。

そこで、今回は水泡眼/スイホウガンを飼育するにあたり注意点なども交えながら解説してきたいと思います。それでは行きましょう!

水泡眼/スイホウガンとは?

スイホウガン(水泡眼)は、金魚の一種。風船のように膨らんでいる水袋が眼の下についているのが他の金魚と比べて大きく異なる特徴。ちなみに、スイホウガンは中国では人気の品種でよく飼育されています。

大きさ

最大で15㎝程度まで育ちます。

概要

普通の魚であれば眼は横を向いてますが、スイホウガンの場合は眼は上を向いています。そして、目の下にある左右の水袋(目の角膜が肥大したもの)これの中にはリンパ液が入っております。

基本形はチョウテンガンとそっくりで、背びれがなく、顔はとても愛嬌があり中国ではこれが人気の秘密です。人気である分、流通量も多い品種で日本でも簡単に購入することができます。

日本に輸入されるものの多くは、赤もしくは赤白サラサの個体です。珍しい色は、黒、茶、青、キャリコ柄で、これらの品種はネットショップでも購入できますが値段は高くなります。

歴史

また、中国には背鰭のあるスイホウガンも流通してはいるものの日本ではほとんど流通されていないのでなかなか手に入らないです。

長い中国の歴史の中でも古くから外部流出禁止とされていた特別な品種でした。チョウテンガンと同じくデメキンの突然変異ではないか?という説がありますが本当のところはわかりません。

名前の由来

大きな水袋が目の近くにあるところからスイホウガンと命名されました。

水泡眼/スイホウガンの飼育方法

水槽

スイホウガンの最大が15㎝程度になりますので45㎝あれば飼育は可能です。広々と飼育したいなら60㎝水槽で飼育すればよいかと思います。

底砂

底砂は金魚でよく使用される大磯、五色砂、溶岩石、セラミックなどを使用すればよいです。注意点は大粒のものを使用すると砂利の間にゴミが詰まるので掃除が大変になることです。ですので大粒の砂利ほどではなく、かといって田砂、渓流砂ほど細かくはなく3~6ミリ程度のもので良いです。

石やブロックは入れるか?ということですが賛否両論あるかもしれませんが個人的には入れません。

なぜかというと、障害物に水袋をぶつけてしまい割れるリスクもないとは言えません。もちろん、割れても再生はするのですがあまり良いことではないので出来るだけ水泡眼が生存しやすい環境を作るべきです。

水質

PH 6.0~7.0

中性の水質であれば飼育できます。水質をどうするかというのは重要なところでもありますが、基本的に日本の水道水は金魚を含め淡水魚が飼育できるPHなので水槽立ち上げ時はそこを気にする必要はないと思います。

あとは、最低限カルキ抜きは行うことです。水槽の濁りを無くしたいとか、綺麗にしたいなら麦飯石溶液はおすすめします。バクテリアを作りたいならバクテリア溶剤を使用して1か月ぐらいじっくりと回すのも良いです。

そのほうが魚の飼育環境を作るうえではベストですが、いろいろな人の話を行く中で金魚ならカルキ抜きだけでも充分飼育できるという意見が多かったです。

1週間に1度水槽の3分の1程度の水を交換します。交換する際は底に沈んでいるゴミをホースで吸水しつつ、カルキ抜きをした水を交換すればよいと思います。

濾過機

濾過機はなんでもよいと思います。ただ、飼育するが多かったり、水質がすぐに汚れるなら上部ろ過など強力なものを使用しましょう。そうでなければ外掛け式フィルターでも良いです。

濾過機は1か月に1度ぐらいはフィルターを掃除します。ウールマットは綺麗に洗いましょう。洗い続けているとそのうちボロボロになるので早い段階で新品に交換します。(数百円で購入できますから。)

ろ材に関してはそんなに洗わないです。洗う場合は水槽の水で軽く流す程度で良いと思います。水道水で流すとバクテリアが死にますからおすすめしません。

水温

適温は20~28℃

20℃を下回ると活動が鈍くなります。なので、夏場など水温が上がりやすい季節はヒーターを使用せず、20℃を下回るような季節であればヒーターを使用し20℃以上に水温をキープします。また、そのほうが餌の食いつきも良くなります。

販売価格

スイホウガンの値段はピンからキリです。安いものであれば800円程度でも購入できます。ほかの店舗を探せば500円でも購入できると思います。しかし、黒や茶色など珍しい品種になると価格も高騰します。

生体投入

生体投入は水合わせから行います。どんな魚でもできれば水合わせはすべきですが、金魚においてはそれは必須といっても良いです。これを行わないと病気になるリスクが高まります。

購入した金魚を袋に入った水ごとプラケースやバケツなどに入れます。水槽に入っている水をホースと分岐栓を使いプラケースに1秒3滴のペースで入れます。これを2時間かけて水合わせします。水合わせが完了したら生体を水槽に投入します。

餌は人工飼料を基本としますが、たまに冷凍アカムシを与えても良いです。おすすめの餌は何か?というと「キョーリン ランチュウベビーゴールドS 小粒」は金魚屋さんも推奨しています。

特に金魚の餌において重要なことは与える量です。食べ過ぎるとすぐに死んでしまいますから面白がってたくさん与えるのだけはやめてください。

始めにどれぐらいの量を食べるのかを検証します。5分程度で食べきれる量を見つけて、毎回与える量はそのぐらいだと考えてください。もちろん、多少少なくてもいいです。

1日1回だけその量を与えるのか?数回に分けてその量を与えるのか?いずれでも良いですが、餌の量はしっかり守りましょう。

混泳

スイホウガン同士なら混泳しても良いのかなと思います。混泳してはいけいないのは泳ぎの早いヒブナなどです。スイホウガンの水袋に突っ込まれて割れるという事態になるのはあまり良いことではありません。

あとは、水槽サイズの割にたくさん飼育してしまいますとギュウギュウ詰めな状態でお互いぶつかり合いますからある程度のびのびと飼育できるぐらいの数に抑えます。

また、飼育数が多く成ればその分酸素不足にもなりますのでエアレーションなど水素に酸素を溶け込ませてください。

病気

水泡眼がかかりやすい病気といえば、白点病や転覆病です。白点病は急激な温度変化、水質変化が原因で起こることが多いです。なので白点病対策は水合わせをしっかりと行うことです。

そして、転覆病ですが浮袋が原因で起こるといわれていますが、消化不良も疑うべきです。消化不良が起こると体の外へ上手くガスを出せなくなるのでこれが原因で起こります。

体質に合わない餌、古い餌、餌の与えすぎで起こります。ほかにも水質悪化で病気になることがありますから水替えはしっかりと行いましょう。