アブラハヤの飼育方法!稚魚・寿命・餌・販売など飼い方について。

本日はアブラハヤの飼育方法についてお話しします。

何時もの話になりますが、私の実家は新潟の田舎にあります。なので、魚がたくさんいる小川が結構あるんですね。その小川でたも網や押し網を使えば簡単に魚を捕まえることができます。

その中でアブラハヤという魚も結構沢山捕まえたことがあります。よくわからないけど、小学生時代にアブラハヤは毒があるから食べないほうが良いとか嘘をついた友達がいましたね(苦笑)

ちなみに、アブラハヤは食べる地域があります。さすがに私の実家の近辺のアブラハヤは農薬や生活排水まみれなので辞めたほうが良いでしょうが、比較的綺麗な川で捕獲したアブラハヤなら良いと思います。

実際、天ぷらや空揚げにして食べるそうですね。あの魚は脂が乗っていておいしそうですからね~。高校時代に飼育していた雷魚の餌でよく与えていましたが食いつきも良かったです。

そんな、アブラハヤですが日本淡水魚水槽で飼育するのは面白いかと思います。流れに逆らって泳ぐ姿は優雅です。てなわけで、本日はアブラハヤの生態から飼育方法まで解説していきたいと思います。

アブラハヤとは?

アブラハヤ(油鮠、Rhynchocypris lagowskii steindachneri)はコイ目コイ科ウグイ亜科に属する淡水魚です。鱗が小さく、体表の粘液が強いことからアブラの名がある。日本の固有亜種。

地方名:ハヤ、ミノー、ヤマガオ、ムギクソ、ドロクソ、クソッパヨ、アッパヘ、アブラッパイ。

生息地

日本海側で青森県~福井県、太平洋側で青森県~岡山県の本州。河川、湖畔、沼、潟などに生息します。

生態

河川、湖畔、沼、潟、ダムなどで比較的低温を好みます。水質は多少汚れていても生息できるほど。食性は雑食です。藻類、水底にいる底生生物、動物の死骸などを食べます。

産卵期は4~7月になると個体の多くは、砂礫の水底、淵、平瀬に集まり集団産卵を行います。幼魚は川の流れの緩やかな場所で群れを成して生活しますが、成長につれて流れのある場所や淀みなどに移動します。

形態

全長15㎝程度

全体的に鱗が小さく、黄色褐色の体色が特徴的です。小黒斑がまばらにあります。体の側面に黒い帯が走り、タカハヤよりもそれがはっきりとしています。タカハヤよりも尾っぽの窪みが深いです。

アブラハヤの飼育方法

水槽

アブラハヤは小型のハヤで全長も15㎝程度にしかなりませんので60㎝水槽があればよいかなと思います。45㎝でも飼育は可能ですが比較的泳ぎ回る魚ですから少し大きめのほうが良いと思います。飼育数が多いのであれば90㎝水槽にしても良いと思います。

水質

PH 6.0~7.0

日本の河川の水質が大体これぐらいになります。水道水もこれぐらいなのでカルキ抜きすれば問題ありません。砂や石の影響で若干PHは変動しますが飼育できない程にはならないです。海水魚の場合サンゴ砂でPHが大きく変わったりしますが普通の砂利とかなら問題ないです。

バクテリアに関しては麦飯石液を入れて1週間ぐらい回していれば多少は育つかと思います。麦飯石溶液はカルキも抜けますからおすすめです。もう少ししっかりとバクテリアを作りたいならバクテリア溶液を使い1か月回せばよいかと思います。

その代わり、バクテリアを作るなら、亜硝酸塩やアンモニアの濃度を試験薬で確認します。高すぎるなら3割ぐらい水を交換してから生体をいれます。

また、生体を投入するプラケースにアブラハヤを入れて泳がせ、際はホースで点滴を行い水合わせします。

急に入れるとショック死とか病気にかかることが多いので水合わせが一番良いです。特に稚魚の場合はその傾向があります。最低でも温度合わせはやりましょう。

アブラハヤの値段

アブラハヤはたも網でガサガサをやれば捕まえることもできるでしょうし、そんなに捕獲するのは苦労はしないと思いますが、面倒ならネット通販で購入することをおすすめします。

4~3㎝の稚魚ですが、値段も非常に安いです。楽天ショップで1匹当たり850円で購入することができますので是非ネット通販を利用しましょう。

濾過機

飼育量が少ないのであれば外掛け式の濾過機でも良いと思いますが、飼育量が多いなら排せつ物や餌の食べ残しも増えてくるでしょうから上部ろ過をおすすめします。

また、飼育量が多いと酸欠のリスクがありますのでエアレーションや流れを作るポンプで対策を行います。ハヤなので流れにさらうのが好きです。上部ろ過のほかに流れは作っておきましょう。

週に1度水槽の3割水を換えます。もちろん、カルキを行った水を投入してください。フィルターは洗い、ろ材は水槽の水で軽く汚れを流す程度で良いです。(バクテリアを減らさないため)

環境

掃除の効率性を考えるとベアタンクのほうが良いのですが、デザイン的には砂利、田砂などを入れる。あとは石、流木などですね。これを行うことでバクテリアも生息させやすくなります。

餌は冷凍アカムシ、人工飼料で良いでしょう。

寿命

寿命は5年程度です。ハヤというと寿命も短いイメージですがその中でも比較的長いほうですので大切に飼育しましょう。