ヤマトヌマエビの餌の量や頻度についてお話しします。

水槽のお掃除屋さんのヤマトヌマエビ。

魚と混泳するのはもちろんのこと、ヤマトヌマエビだけを飼育するのでも全然ありですよね。エビだけ泳がせておくのも結構お洒落です。水草、ソイル、石組をうまくするといい感じになります。

そんな、ヤマトヌマエビの餌です。

魚と混泳させているとか、ビオトープで飼育しているとか、あまり餌に関心を持たれていない人もいるかもしれません。確かに魚の食べ残しや水草を食べるので、そんなに餌はいらないかな?と。

しかし、当然ですが餌は与えべきです。そこで今回ヤマトヌマエビの餌について知っておいていただきたいことをお話ししたいと思います。それでは行きましょう!

餌を与えないで飼育することは可能なのか?

ビオトープなど水草だけを入れている場合など、餌を与えないというのはヤマトヌマエビが水草や苔を食べるという理由からです。

確かに桶に水草を入れておいて日光を当てることで植物性のプランクトンも発生しますのでそういったものを食べます。なので、事実上、飼育することは不可能ではありませんが、餌はあたえることをおすすめします。

何故なら、後に説明するようにヤマトヌマエビは雑食動物であり小食動物ではないからです。

ヤマトヌマエビは草食動物ではないということ。

特に、ヤマトヌマエビとメダカ、小赤などの小さな魚を混泳されている場合は注意しなくてはいけないことがあります。ヤマトヌマエビもミナミヌマエビ同様に水草や苔を食べます。

しかし、だからといって草食だというわけではなく、自然界では動物の死骸も好んで食べます。

つまり、たまには動物タンパク質も欲しくなったりする場合もあるということですね。実際、小さい魚がエビに捕食されるという事例もありますので混泳させないことが一番のリスク回避になります。

もし、混泳させたいなら定期的に動物食を与えることをおすすめします。冷凍アカムシ、餌用の小魚など。これを沈めておくだけでヤマトヌマエビは食いついてきます。

あとは、魚用の人工飼料も食べます。特に浮遊性のものよりも沈殿性のものが食べやすいですね。魚も食べると思いますので魚が食べる量より少し多めに与えるのが丁度よいと思います。残ったものをヤマトヌマエビが食べます。

ヤマトヌマエビの餌の頻度について。

特に、水草を植えているとかであれば、毎日餌を与える必要もありません。魚と混泳しており魚に毎日餌を与える場合もミナミヌマエビに意識的に餌を与える必要はありません。

頻度は1週間に2~3回ぐらいを与えます。

与える餌は、人工飼料、冷凍アカムシなどをバランスよく与えましょう。そうすることでいろいろな餌を食べることができるので栄養バランスが整うということです。