オイカワ(魚)の飼育!稚魚・婚姻色・餌・寿命・餌・水槽など。

本日はオイカワの飼育方法についてです。

オイカワといえば私が小さいころ何としても捕まえようと必死こいて追いかけまわしたものです。小学生低学年ぐらいだと脚力や腕力が低くいため、魚を見つけたら素早く踏み込み網を振るということができないんですよね。

体力や筋力が多少ついてきた小学校高学年になるとそれができるようになりました。それこそオイカワって泳ぐスピードが結構速いのでたも網でゆっくりと近づいて少しずつ追い詰めるよりは、及川を見つけたら体勢を整えて網を川にたたきつけるようにして思いっきり救い上げる。

そんな感じの捕まえ方を覚えると、中学生ぐらいであれば簡単に捕まえるようになれましたね。川の環境にもよりますが、私がよくオイカワを追いかけていた川はすごい浅い川だったので押し網よりもたも網のほうがやりやすかったですね。

あとは、釣りだったり、なかなかやる人はいないと思いますが、投網を使って捕まえたことがあります。どうしても捕獲したいならたも網が一番お手頃化と思います。

そんなわけで、本日はオイカワという魚の生態から飼育方法まで解説していきたいと思います。それでは行きましょう!

オイカワとは?

オイカワ(追河、Opsariichthys platypus)は、コイ科に分類される淡水魚の一種です。西日本と東アジアの一部に生息します。生息域ではカワムツやウグイなどと同じくとても身近な川魚です。釣りの対象としても人気の魚なのです。

形態

成魚の全長は15㎝程度で、メスよりもオスのほうが大きいです。カワムツやヌマムツとサイズはそれほど変わりは有りませんが、オイカワは三角形の大きな胸鰭を持ちますので水槽でみても大きく見えます。

灰青色の背中、銀白色の腹、側面、体の側面にはピンク色の斑紋が数本入ります。特に、オスの婚姻色は青と赤の色が非常にきれいです。飼育魚としても人気なのはこのカラフルの形態が理由でしょう。

また、ハスにも似ていますが、ハスは横から見ると口がへの字に曲がっています。これがオイカワと見分けるときの特徴にもなります。

生息地

日本国内では、利根川系、信濃川系よりも西側の本州各地、四国の吉野川、九州に生息します。また、朝鮮半島、中国東部、台湾にも生息します。近頃では開発により川の流れが緩やかになってきました。

特に、きれいな川でないと生息できないわけではなく、水質汚染された河川などにも生息できます。非常に親しみのある魚ではありますが外来種であるのには変わりはありません。

生態

河川の中流域から下流域に生息しますが、湖畔や潟、沼などにも生息できます。カワムツと生息地が重なりますが、カワムツよりも流れが速く、日光のあるところを好みます。

そして、カワムツは水質汚染に弱く数を減らしているのに対し、オイカワは環境適応しやすく、生活排水が流れ込むような川にも生息できますので生態系の影響は低いとはいえ数を増やしている魚です。

食性

雑食性で藻類、水草、昆虫、ミミズ、アカムシ、ヤゴなどです。

産卵

年間複数の産卵を行います。しかし、産卵に適さない場所で生活している場合は産卵されず残存卵巣として体内に残ることがあります。コイもそのような傾向がありますが、卵が体内に吸収されてしまうのです。

卵ができても子孫を残せないぐらいなら生まないという非常に便利な体をしているのですね。また、成熟したメスが産卵を行った後、9月ぐらいには死亡します。

繁殖期

5~8月が繁殖期になります。この時期になるとオスの顔は黒く、体の側面が水色、腹がピンク色と尾鰭以外の鰭はすべて赤色という独特の婚姻色になります。顔には追星というイボのようなものができます。

産卵

孕卵数と体の大きさには一定以上の相関関係にあります。380個程度の卵を1匹あたり産卵を行います。一度にすべて産卵はせず複数回に分けて行います。産卵に適している水温は広くおよそ16~30℃程度です。10粒から数10粒程度の卵を1度に生みますので、お腹の中にある卵は3か月は維持できていると考えれています。

水の流れが弱い浅瀬に集まり砂や砂利の中に非粘着性の卵を産みます。親は卵を保護しませんが、産卵活動を行わない個体やほかの魚から卵を守るために砂を巻き上げて隠します。

孵化

通常であれば卵は2~8日程度で孵化します。低水温になればなるほど孵化は遅くなります。20~23℃程度あれば3日で孵化します。産卵と同じく孵化できる水温も幅広いですがどちらかといえば低温のほうが良いです。

適温水温は17~30℃程度ですが、25.4℃以上になると生まれる確率が下がったり、奇形を起こす確率が上がります。それが33.5℃で悪化します。

オイカワの飼育方法

水槽

オイカワの全長は15㎝程度にしかなりませんので、60㎝水槽あれば十分飼育することができます。数多く飼育したいのであれば、90㎝水槽などの大型水槽でも良いです。

遊泳する魚ですのでギュウギュウ詰めにするのは良くないです。ちなみに、私が小さい家に川があったので自転車の籠網にオイカワを入れて保存していたことがありました。

5匹ぐらい捕まえたオイカワをすべて友達に盗まれてしまい、それ以降水槽で飼育するようになりました(笑)

底砂

田砂や砂利を使えばよいと思います。あとは雰囲気を出すために石を置いたり、必要であれば水草を植えておきます。マツモなんか丈夫でいいと思いますね。

水質

PH 6.0~7.0

水道水の水は大体これぐらいです。カルキを抜けば金魚を飼育できるというのももともと水道水が魚の飼育に適したPHだからです。ただ、塩素が邪魔なだけ。

これを家庭用浄水器に通すとアルカリ性になる場合は飼育には適さないことがあります。

なので、そんなに考えずに水道水をカルキ抜きするとか、麦飯石溶液やバクテリア溶液でバクテリアを立ち上げるなど行います。

しかし、バクテリアが増えすぎると水質悪化の原因になりますから、試験薬でチェックして亜硝酸塩の数値を確認し、多いようなら3割ぐらい水を換えて調整してから飼育しましょう。

濾過機

濾過機は飼育数にもよります。数が多いならやははり上部ろ過をおすすめします。あとは、エアレーションをつかったり、別で流れを作る濾過機やエアレーションを使用するとよいです。オイカワは流れを好む魚ですからね。

水槽で飼うとすぐ死ぬというのですが、酸素不足が一番の原因ではないかなと思います。水温も高すぎなければ問題ないですし、夏場はクーラーを使うか、温度が上がりにくい場所に置いておくか。

水温も25℃程度なら大丈夫かと思います。それをオーバーするのは危険ですね。水槽用のクーラーが高いなら水槽用の扇風機でもなんとかなります。

水換えは週に1回程度。水槽の3割程度を交換します。交換する水もカルキ抜きをしているものにしてください。

成体投入

オイカワはそんなに珍しい魚ではありませんので魚釣りをすればよいかと思います。それか、ガサガサをやるのでも良いでしょう。いずれにしろ簡単に捕まえることができます。ただ、寄生虫などが付いていると色々と面倒くさいので消毒されているものをショップから飼うのが一番得策かもしれませんね。

稚魚3匹で1000円程度で購入することができます。もちろん、成魚でも1匹1000円とかで販売されているので非常に安く購入できます。ガサガサをする労力を考えると通販のほうが良いかもしれませんね。

成体を水槽に入れるときはいきなり入れるのではなく、水合わせを行います。プラケースなどに購入した成体を入れて、ホースから点滴の原理で分岐栓を使って、1秒3滴のペースで20分ぐらい水合わせをします。

冷凍アカムシ、人工飼料を与えればよいです。小魚用の細かい人工飼料や熱帯魚用のテトラを細かく砕いて与えると食いついてきます。餌付けは難しくなく結構簡単に食べるようになります。