ドンコ(魚)の飼育方法!餌・寿命・販売・値段・水槽・混泳など飼い方について。

ドンコ(鈍甲・貪子、Odontobutis obscura)という魚をご存知でしょうか?

今回お話しするのは、日本淡水魚のスズキ目ドンコ科に分類されるハゼ類のドンコのことです。エゾイソアイナメといいまして海の魚でもドンコというものがいますので混同しないように注意しましょう。ちなみに、形は似ておらず全くの別物です。

そのドンコですが水族館で見たことがある方も多いと思います。ハゼの仲間の中では非常に大きい部類になります。特に淡水ハゼなかなかこんなにゴツイ魚っていないのではないでしょうか。

前回お話ししたヨシノボリですが小さいとドンコにそっくりだという人もいますけど生体はサイズ倍も違うのでこれも全く別の魚なんですよね。あんまり活動的な魚ではありませんが肉食魚で自分よりも小さい魚なら捕食します。

基本的にはあまり泳ぎ回らず自分の目の前を通りかかった魚に飛びついて飲み込むという捕食スタイルはまたハゼ類らしいですよね。さて、そんなわけで本日はドンコについてお話ししたいと思います。それでは行きましょう!

ドンコとは?

生息地

愛知県・新潟県以西の本州、四国、九州、大韓民国巨済島に生息します。古い文献ではカワアナゴと混同されていたこともあり、東京都よりも東に、利根川系の栃木にも生息するとされていましたがこれは間違いで、関東には自然生息はしていません。

形状

全長25cm

日本に生息する淡水ハゼの中ではカワアナゴ類に匹敵するほどの大型魚です。ほかのハゼと見比べてみるおt横幅があり頭部が大きいです。垂直方向に少し押しつぶされています。大きな口、分厚い唇、突き出た下顎、上下に小さな歯がたくさんあります。頭部は胴体よりも大きく胴体は円錐状の形をしています。

胸鰭は扇状に広がり、腹鰭は二つに分かれています。

体は褐色で、第1背鰭・第2背鰭・尾鰭の基底に合計3対の黒い斑紋があります。環境の変化やストレスにより頭部に不規則な斑紋が現れることがあります。また、繁殖期になるとオスの体表は黒く変化します。

生態

流れが穏やかな河川、湖、水田、水路の砂利の底に生息します。生涯淡水で生活する純淡水魚です。縄張り意識が強く群れをつくらずに単独行動をします。夜行性で昼間は岩や流木の陰で休んでいます。

肉食魚ですので、小魚、水棲昆虫、甲殻類を捕食します。また、ハングリーで口に入るのであれば自分と同じ具来のサイズの生き物にも襲い掛かることがあります。

自然下であれば動かないものには全く反応しませんが、飼育下であれば人工飼料にもすぐになれます。

繁殖期は4~7月

オスは石や流木の下に穴を掘り巣をつくります。メスを誘って産卵を行います。するとメスは巣穴に紡錘型の卵を産みます。これを孵化するまでオスが保護し、胸鰭を仰いで酸素を送り込みます。これらの行動下でオスはグーグーと鳴く行動が観察されています。

ドンコの飼育方法

販売先

地域によってはガサガサでも手に入りますが、日本で生息しない地域もありますので楽天ショップなどの通販を利用するのが手っ取り早いかと思います。

1匹1000円程度で購入することができますので、ぜひ楽天ショップなどを利用すればよいかと思います。

水槽

水槽は60㎝水槽で終生飼育することは可能です。もし、ほかの魚と混泳したいならもう少し大きな水槽が必要になります。まずは、水槽台、水槽を用意しましょう。そして水を作ってから生体の投入となります。

水質

PH6.0~7.0程度で良いでしょう。というのも、日本の小川のPHというのは大体これぐらいです。水道水もこれぐらいです。ちなみに、アルカリ性や酸性だと生息できない魚が多いのでその辺りは注意ですね。

なので、水槽には普通に水道水を入れて麦飯石溶液やバクテリア溶液を回して水を作ってあげます。

バクテリアをしっかりと作りたいなら1か月ぐらいかけるべきですが、ドンコは生命力の高い魚なので2週間程度回せばよいかなと思います。

飼育環境

ドンコは砂に潜る傾向にあるので、川砂や砂利を混ぜて底砂を敷きます。ほかに石、流木で隠れ家を作ってあげましょう。

ろ過

ろ過に関しては飼育する数によりますが、何でも良いかと思います。魚を沢山入れたいなら糞尿も多くなるので強力なろ過が必要となります。

その場合は迷わず上部ろ過で良いでしょう。さらには酸素不足を避けるためにエアレーションを使用します。そんなに飼育数がいないのであれば外掛式ろ過器でも良いかと思います。

水温

ドンコは日本淡水魚ですから基本的に日本の気候に合わせて大丈夫です。そのためヒーターは必要ないかなと。よほど弱っているとかであれば白点病のリスクがありますから、25℃程度に温度を上げたほうが良いですがそうでないなら気にしなくても良いかと思います。

餌は自分よりも小さな魚、カワエビ、ザリガニなどを与えると食べます。栄養バランスを考えて人工飼料にも慣れさせましょう。ナマズ用の人工飼料が良いかと思います。

混泳

基本的に縄張り意識が強い魚です。サイズにもよりますが、ドンコよりも小さい魚を混泳させてしまいますと食べられてしまいます。なのでもし混泳するならドンコよりもサイズの大きなフナ、コイなどを入れたうえで、同じぐらいのサイズのドンコを入れることをおすすめします。

掃除

掃除は飼育数が多いのであれば1週間に1回、3割程度の水を交換します。ドンコ1匹なら1か月に1回で良いでしょう。交換する水は最低限カルキ抜きを行ったものにしましょう。

水を換えるときは底砂にホースを当てて排せつ物や食べ残しを吸水します。ろ過機に関してはフィルターを洗いボロボロになったら交換、ろ材は水槽の水で軽く流す程度にする感じで良いでしょう。

寿命

長いもので10年ぐらい生きるそうなので大切に飼育しましょう。