カワムツの飼育方法!稚魚・寿命・販売・食べる餌について。

本日はカワムツという魚についてお話ししたいと思います。

私が小学生ころに近所の小川で兄弟と一緒に魚を捕まえに行ったもんですよ。一人は反対側から魚を追い込んでもらい、もう一人は押し網を使い前にゆっくりと歩いていく。

このように挟み撃ちにする追い込み漁は非常に効率がよく、簡単に魚を捕まえることができてしまうんですよね。

その中でカワムツという魚はよく捕まえたものです。日本にはかなり多く生息している淡水魚です。オイカワ、ウグイのように流れのある川を有家する魚です。

私の地域では、「そんなの泥臭くて食べられないわ!」と親に言われましたが、きれいなところに生息するカワムツだったら、塩焼き、天ぷら、から揚げにして食べるところもあるようですね。

もし、食べたいなら本当にきれいな川にいるものをおすすめします。田んぼの周りだと農薬もかかっているでしょうし、生活排水のあるようなところはちょっとね…

さて、そんなわけで本日はカワムツの飼育についてお話ししていきたいと思います。それでは行きましょう!

カワムツとは?

カワムツ(川鯥、Nipponocypris temminckii)は、コイ科に分類される淡水魚の一種です。西日本と東アジアに生息し、日本ではオイカワやウグイなどと並んで身近な川魚の1つである。

形態

成体は全長10~15㎝程度、カワムツはオスのほうがメスよりも大きくなります。大きなオスであれば20㎝ぐらいになることもあります。

側面からみると紡錘に似た形。上面から核にするとオイカワにそっくりではあるものの鰭よりも胴体のほうが大きい、成長につれてもともと太い部分がさらに太くなりまるで魚雷のような形になります。

頭から口元はとても丸く、太っています。大きな口でへの字のように裂けていますが、折れ曲がってはいません。

黄色褐色の背中、体の側面には紺色の太い帯が縦に走ります。背鰭には紡錘の形をした斑点があります。三角形で大きな尻鰭はオイカワの尾鰭とそっくりです。黄色い胸鰭、腹鰭の前縁も特徴的。

メスや稚魚、若魚は成体の体側から腹部にかけて銀色をしています。成体のオスは喉から腹にかけて赤色をしています。そして、顔に追星というおできのようなものがいくつもあります。

生息地

能登半島と天竜川水系以西の本州、四国、九州に生息。アユやヘラブナと一緒に放流されることで最近は東日本にも姿を現します。ただ、ヌマムツ、オイカワと比べると汚れた水質に弱いです。日本国外では朝鮮半島、中国、台湾に生息。

生態

オイカワなどと同様に河川や湖畔に生息しますが、その中でも水質の綺麗な環境でないと生存しにくいです。また、オイカワやウグイは流れのある環境でも生活するのに対し、カワムツは流が緩やかな環境を好みます。

水生植物が生い茂るようなところで生活します。人が来るとすぐに逃げるほど警戒心が強い魚です。

餌は肉食寄りの雑食性で、昆虫、甲殻類、小魚を捕食、ほかに、藻類や水草などを食べます。

カワムツの飼育方法

販売先

カワムツは小川でガサガサを行えば比較的簡単に取れるのではないかと思いますが、日本全国カワムツがいるというわけでもありません。近くの川にいないとか、面倒だという方はネットショップを利用しましょう。通販で簡単に購入できます。

こちら、カワムツの成魚5匹で2400円ですので非常に安いですね。共食いをするような魚ではないので混泳飼育も簡単です。混泳のコツは3匹以上入れることです。

こちらはカワムツの稚魚です。3匹で1000円程度なのでこれも安いです。ネット通販でもお手頃な値段で購入できますので是非ご利用ください。

水槽

カワムツだけ飼育するなら60㎝水槽で良いです。動画のようにたくさん魚を入れたいというのであれば少し大きな水槽が必要になりますので90㎝のサイズを準備したほうが良いですね。

水質

PH 6.0~7.0

川の水といえばPHはこの程度です。家庭用浄水器を通せばカルキ抜きもできるし、人間が飲める水だから魚も棲めるだろうと考える人がたまにいるらしいのですが、それは違います。

もちろん、浄水器にもよりますが、水道水をアルカリ性にしてしまう浄水器だとだめですね。

もし、どうしても浄水器を使用するならアクアリウム用の浄水器を使用すると良いです。コケも生えにくくなるので。ただ、コストを考えるとカルキ抜きか麦飯石で充分かと思います。

麦飯石を入れて1週間も水を巡回させれば魚が生活できるような水質を作ることができるはずです。

床材

ベアタンクで飼育するのでも良いと思います。ベアタンクであれば掃除が楽だというメリットがありますね。

ただ、日本淡水魚らしく砂利や田砂を敷き詰めて、石、流木、水草を入れてデザインを作るのもおすすめです。これのメリットは砂にバクテリアが繁殖することですかね。

濾過機

数多くの魚を水槽に入れているのであれば排せつ物の量が多くなるため強力な濾過機が必要になります。

そのため飼育数が多いなら上部ろ過ですかね。あとは、エアレーションで酸素を沢山供給するとか、流れを作るエアレーションやポンプも設置するなど工夫をするとよいです。

飼育数が少ないのであれば、外掛け式濾過機で充分水槽のゴミをとることができるので良いと思います。

あとは、カワムツは比較的綺麗な水質を好むので1週間に1回程度3割程度の水を交換します。カルキ抜きをした水を入れましょう。

肉食よりの雑食です。カワエビ、メダカなどの小魚、ミルワームなどを生餌として与えることで食いつきます。

あとは冷凍アカムシを与えるのもおすすめです。最終的には人工飼料に慣れさせると楽です。栄養価も高いしバランスがとれているので。熱帯魚や金魚の人工飼料を食べます。