ミナミヌマエビの水温・水合わせ・水換えについて。

ミナミヌマエビといえば、金魚や熱帯魚の水槽に入れておくと、藻や苔を食べてくれる水槽のお掃除屋さんということで魚と混泳している人も少なくは有りません。

ただ、ご存知かと思いますが、肉食魚や亀と混泳してしてしまいますとすぐに食べられてしまいますので要注意です。

ただ、そんなミナミヌマエビって意外と弱い生き物で、水温が非常に重要になってきます。そこで今回はミナミヌマエビを飼育するうえで重要な水質管理についてお話ししたいと思います。それでは行きましょう!

ミナミヌマエビが快適に暮らせる水温は?

ミナミヌマエビは名前の通り、日本でも静岡県焼津市以西、琵琶湖以南と南の地域に生息するエビです。なので、関東でガサガサをやっても見受けられないですね。

つまりは、暖かい地方に生息くするエビなので、水温は比較的高めで、20~26℃程度が適温とされています。中でも活動的に動けるのは25℃程度が良いとされています。

ただ、1~30℃まで耐久出来る生き物なので冬場は最悪ヒーターがなくても生き延びることはできます。

夏場の高温には要注意!

ミナミヌマエビを早死にさせてしまう要因の一つに水温管理を怠ることではないでしょうか?暖かい地方に生息するエビなので熱くても大丈夫かというとそういうわけには行きません。

熱帯魚なんかもそうですが、水温が30℃を超えてしまいますと非常に危険です。そこそ、真夏になると何もしなければ水槽の水は30℃を超えるなんてことは普通にあります。

ですので、クーラーを使用するというのも一つの対策です。水槽用のクーラーはそれなりの値段がしますが、ミナミヌマエビの水槽は45㎝でも飼育できるので1万円程度のクーラーでも冷やせます。それでなければ冷却ファンを使用するというのも良いです。これなら数千円で購入することができます。

ビオトープで飼育する場合

ビオトープで金魚やメダカと一緒にミナミヌマエビを飼育されている方もいると思います。ビオトープの場合は水草、浮草の量によって水温の上昇を抑えることができます。

また、容器を何にするかにもよります。プラ舟、植木鉢いろいろありますね。直射日光を浴びることで水温は上がるでしょうから、直射日光を当てない。

例えば、すだれをビオトープのうえに置いておくだけで直射日光を遮断することができるので水温上昇は抑制できます。そして、問題は水量があるか?水換えができているか?

水量があればそれだけ温めるのにエネルギーが必要になるので時間がかかりますので、これも一つの対策です。ただ、やはり外に置いておくわけなので水温は上がりやすくなります。温度計を入れてチェックしましょう。

水温が下がる冬場はヒーターを使用すべき?

当然といえば、当然ですが、冬になれば水温は大きく下がるわけなので熱帯魚や金魚と同じくヒーターを入れます。サーモスタットで水温を25℃ぐらいに調整しましょう。

先ほどお伝えしたように、1℃までは耐久出来るので外においてもそれを下回らなければ死にません。ただ、冬だと認識するので動きが鈍くなります。

もし、泳ぎ回っている姿を見たいのであれば水槽に入れてヒーターを入れましょう。

また、ミナミヌマエビが水草に掴まって動きがすくなくなりますが、冬眠はしているわけではなく餌は食べます。なので、極論言えば低温に強いので冬場はヒーターを使用しなくても死にません。春夏秋と比べて餌の頻度も少なくします。3日に1度ぐらい。

けど、動きが鈍いのはつまらないのであればヒーターで水温をあげておくのが無難かと思います。

まとめ

水温の管理で吉版気を使わないといけないのは夏場です。確かにミナミヌマエビはある程度高温には耐えられますが、真夏になると、地域によっては何もしなければ水温がものすごくなりますので、ここで対策ができないと死なせてしまうかもしれませんね。

だけど、これさえできていれば何とかなるかと思います。逆に冬場は低温になっても動かなくなるぐらいです。心配ならヒーターを入れて25℃程度に保つのが良いかと思います。

ミナミヌマエビの水合わせについて。

甲殻類で強いので魚程デリケートではありませんが、水合わせをしないとPHショックを起こしたり、いきなりの温度変化で体に負担をかけてしまうかもしれません。

そうならないためにも水合わせは行います。プラケースにミナミヌマエビを入れて、立ち上げた水槽から点滴の原理でエアレーションのホースと分岐栓を使い1秒あたり3滴のペースで2時間かけて水合わせします。

水合わせが終わったら初めてミナミヌマエビを立ち上げた水槽に投入できます。

ミナミヌマエビの水換えについて。

水換えは1週間に1度でよいです。熱帯魚や金魚と混泳させているなら彼らの水換えのペースで良いです。水槽の3分の1ぐらいの水をホースで吸い取ります。沈殿しているゴミなども一緒に吸い取ります。投入する水の水温は水槽の水温とできるだけ近づけます。これもショックを与えないためです。