ミナミヌマエビとメダカの混泳はリスクも考慮すべき。

メダカをはじめとした観賞魚用の魚を飼育している中で、苔や藻を除去してくれるということでミナミヌマエビを混泳せたくなる人もいるでしょう。確かにそれは間違えた考えではないと思います。

例えば、タナゴと混泳するのであればありだと思います。

ここで重要になるのは、サイズを合わせるということです。メダカはミナミヌマエビよりも小さい固体なので襲われて食べられるということもないとはいえません。

一方で、普段なら金魚の餌や淡水魚用の餌を食べるフナ、金魚、コイ、ハヤなどはどうかといえば、お腹が空いていたらミナミヌマエビを捕食してしまうことだってあり得ます。

つまりは、ミナミヌマエビよりも少し大きな魚と混泳がベストです。具体的には日本淡水魚でいえばタナゴなどになります。熱帯魚ならグラミー、コリドラス、エンゼルフィッシュ、ディスカスなどたくさんの種類の魚がいますね。

そういった意味ではやはりメダカとの混泳は捕食されるリスクはないとはいいきれません。実際、飼育者の方のブログをみましたけど、捕食されている方もいるみたいです。

どうしてもミナミヌマエビとメダカを混泳させたい!というなら方法はないこともない。

しかし、どうしてもミナミヌマエビとメダカを混泳させることはできないこともありません。

もちろん、冒頭でもお話ししたようにリスクはあります。メダカが食べられてしまうというリスクを考慮できるというのであればやっても良いと思います。そんな人のために一応やり方を紹介したいと思います。

大きな水槽で飼育

過密水槽であればあるほどメダカとミナミヌマエビの距離が近くなるので捕食されるリスクが高まります。

そのため大きな水槽で飼育するほうがそのリスクが下がります。また、飼育数にもよりますが、60㎝水槽ぐらい広くすればある程度の距離はとれるので捕食されるリスクが下がります。

充分に餌を与える

捕食するのはお腹が減っているから食べるのであり、餌が足りて入れればあえてメダカを捕食する必要もありません。餌というのもミナミヌマエビ専用の餌だけではなく、小魚など生エサを与えます。

もしくは、メダカが多少食べられるのは仕方がないということを考慮してたくさんのメダカと混泳させるというのも選択肢の一つだと思います。

また、個人的な意見ですが、混泳はサイズとパワーバランスを考えて行うものなのでメダカとミナミヌマエビとなるとやはり体の大きいミナミヌマエビがメダカを襲うのはある意味普通のこと。そう考えると多少食べられるのは仕方がないと思います。