ミナミヌマエビのおすすめの餌は野菜?頻度は?食べないときは?

さて、本日はミナミヌマエビの餌についてです。

アクアリウムをされている人の中で、飼育水槽の中にミナミマエビを入れている人もいると思います。熱帯魚やメダカなどと混泳させている方いらっしゃいますよね。

そんな中で、ミナミヌマエビの餌ってどうされていますか?

確かに、ミナミヌマエビはコケや餌の食べ残しなども食べてくれるのでそんなに餌を意識して与ええないという人もいるかもしれませんね。しかし、それには少し注意も必要です。

たとえば、十分に餌を与えられていないことからメダカを襲い捕食するというケースも有り得ます。ですから、やはり水槽のお掃除屋さんとはいってもしっかりと餌を与えるということは重要なことだと思います。

そこで、本日はミナミヌマエビノ餌はどのようなものが良いのか?また、餌の頻度などについてもお話ししたいと思います。それでは行きましょう!

ミナミヌマエビに餌が必要ないという考え方。

メダカを捕食するということはありますが、ミナミヌマエビにあえて餌を与えないという飼育方法を実践されている方もいます。例えば、ビオトープなんかはそれでよいのかなと思います。

何故なら、ビオトープは水草と生体を入れて野外に置くわけです。すると、日光が入ってくるので植物プランクトンが発生するわけです。ミナミヌマエビはそういった植物プランクトンを食べるから餌は大丈夫という考え方です。

確かに、基本的にミナミヌマエビは藻類を食べて生活していますので、それで元気に生活できるのであれば良いのではないかなと思います。

水槽飼育の場合は餌は与えたほうがいい

一方でミナミヌマエビを室内で飼育する場合は日光が入らないので餌は与えたほうが良いです。

また、小赤ぐらいのサイズの魚なら大丈夫だと思いますが、メダカと混泳すると最悪、捕食されるリスクもあります。そもそも、メダカとの混泳はあんまりお勧めしないのですが、ほかの魚との混泳する場合や、水草を入れないとなるとやっぱり餌は必要です。

では、どんな餌が良いのでしょうか?

人工飼料

基本的にミナミヌマエビは雑食性です。メダカを食べたがるのもおそらく、藻類だけではなく動物性の餌も欲するからだと思うんです。

ですので、水草だけ与えればよい、苔を食べさせればよいとかではなく、いろいろ与えたほうがいいと思います。

そう考えると栄養バランスが整っている人工飼料なんかはお勧めです。小魚用、熱帯魚用の人工飼料を食べます。魚を混泳してるなら少し多めに与えると丁度良いですね。

冷凍アカムシ

冷凍アカムシは動物性のタンパク質が含まれていますので藻類だけではなく、動物性の餌としてはいいと思います。自然界でもミナミヌマエビは魚の死骸など食べます。

野菜

野菜については賛否両論ありますね。確かに与えれば食べるでしょうけど、個人的には反対です。なぜなら、普通の野菜は農薬がかかっています。人間は体が大きいのでダメージは感じません。(実際はダメージを受けています。)

しかし、ミナミヌマエビは小動物の中でもものすごく小さい動物です。それが農薬が散布されている野菜を食べたら摂取量がものすごく多くなりますので毒を与えているだけです。

それぐらいなら、普通に水草を植えて置くだけで充分です。

ミナミヌマエビの餌を与える頻度はどれぐらい?

これは飼育者によるところもあると思います。たとえば、観賞魚と一緒に飼育しているのであれば、観賞魚が食べ残した餌を食べることになるので観賞魚のペースになります。

これも飼育数により蹴りのこところもありますが、熱帯魚に冷凍アカムシを与えると、すぐにすべて食べきるということはなかなかないと思います。下に沈殿して、完食するのに随分と時間がかかりますね。

その食べ残しをミナミヌマエビが食べるので人によっては毎日与えているということもあるでしょう。

一方で、ミナミヌマエビしか飼育していないという人の場合はミナミヌマエビに餌を合わせます。水槽内に水草を入れているとそれを食べるので頻度としては魚程多くは無くても良いかなと思います。

2~3日に1度ぐらい人工飼料や冷凍アカムシを与えてみてください。結構食いついてくると思います。

ミナミヌマエビが餌を食べない?考えられる理由は?

まず、よくある事例としては、ミナミヌマエビを購入して生体を水槽に投入したばかりのケース。たまに、慣れるのが早く即日餌を食べる個体もいますが、基本的には数日餌を置くべきです。

やっぱり、環境、水質に慣れていないと餌への食いつきがよくありません。大体3~7日ぐらい空ければ食いついてくることが多いのでまずは日にちを空けましょう。

それ以外であれば、ミナミヌマエビの調子がよくないか、水温に影響されているかです。水温が冷たすぎると代謝が鈍りますので餌の食いつきがよくなくなります。

それは自然のことで冬眠する動物の食欲が悪くなるのと同じことです。一方で、水温が熱すぎるため体調を崩すというケースもあります。特に夏場の水温は注意してほしいですね。

ミナミヌマエビの餌についてまとめ

このようにミナミヌマエビは基本的には藻類や水草を食べて生活しています。しかし、ときには魚の死骸など動物タンパク質も摂取しますのでやはり餌を与える際には水草や藻類だけではなく、冷凍アカムシや人工飼料も与えるべきです。

また、食欲がなくなる理由ですが、新しい環境に慣れていない、水温、水質、酸欠など。

しかし、ミナミヌマエビは基本的には丈夫な生き物ですから飼育方法が間違えていなければそう簡単に死亡しないと思います。もし、大量に死亡するというのであれば何か原因がある筈です。

一つ一つ原因を究明していくことで、餌を食べないとか、死亡することを改善、回避することができるはずです。