グッピーの平均寿命と長生きさせる飼い方について。

グッピーはネオンテトラと同じく、熱帯魚飼育初心者が入門として飼育される場合もありますが、個人的には入門としては難しいと思います。小さい魚は全般的にいえることですが弱いのです。

個人的には逆に古代魚や大きな魚のほうが強いので初心者としては非常におすすめだと思います。

実際、グッピーやネオンテトラって寿命が短く、平均寿命が1~2年程度といわれています。人によっては1年足らずで死なせてしまう飼育者もいらっしゃるみたいですね。

また、グッピーはネオンテトラよりも寿命が短く、どれだけ長くても3年程度といわれていますね。ただ、それぐらいなら飼育環境が良ければ生かせることができます。

どうせ飼育するのであれば、たった1年の生涯を全うするのではなく、2~3年ぐらいまでは飼育しましょう。そこで、今回はグッピーの寿命をできるだけ長く伸ばす方法についてお話ししたいと思います。それでは行きましょう!

グッピーの寿命が非常に短いとされている理由とは?

飼育方法に問題がある

グッピーの寿命を縮める一番の理由は飼育方法にあると思います。特に弱い魚なので、餌の頻度、量、与え方、水質、水温、こういったもののバランスが崩れることによってグッピーが早死にしてしまう可能性があるということです。なので、水を入れてろ過を回し、水温を保ち、というだけの飼育では長生きさせることは難しいでしょうね。

野生下と飼育下では意味が違う

もちろんですが、自然の中で暮らしているグッピーは小さいので外敵に食べられる確率が非常に高いです。だけど、水槽の中で同一種だけで飼育していれば捕食されるリスクはありません。

この時点では飼育下のほうが延命しやすいと思いませんか?次に病気です。野生で綺麗な川であれば病気になるリスクは低いです。一方で水槽の場合は飼育者の裁量一つで水質が汚れるのでこれは人によります。

しかし、病気になっても薬浴なので早期的に治療ができれば高いか高率で治すこともできるためやはり個人的には飼育下のほうが寿命を延ばすことができるのではないだろうか?と思います。

品種改良による弱体化

グッピーは色々な品種がいますよね。また、品種によってはPHに敏感だったり、アルビノなどもともと体が弱いというものもいます。

こういった品種だと飼育するのが難しかったり、産卵を行ったあとに体力を消耗して死亡するなど有り得ますので寿命が短くなる傾向にあります。グッピーの中でも寿命が長いのは原種に近いものだと思います。

原種に近いものは飼育の難易度は下がりますが、きれいな品種ではないので見ていてどうか?というところはありますけどね。それでも、普通の淡水魚と比べるとカラフルではあります。

グッピーの寿命を延ばす飼育方法について。

もし、グッピーの寿命を延ばしたいなら前提としてグッピーはデリケートな魚だと思って飼育したほうが良いです。ですので、普段からグッピーの様子を見ながらおかしいと思ったらすぐに対処する。また、そのようにならないように普段から飼育環境を整えることが必要になります。

水質

グッピーの品種によってはことなるPHに慣れにくいとか、適切なPHでないと飼育が難しいものがいます。ですので、グッピーの品種ごとに合わせて水槽のPHを調整する必要があります。国産のグッピーであれば日本の淡水で飼育できるものが多いですが、外国産のグッピーは異なります。そういう意味では水質に気を遣うことは非常に重要なことではないでしょうか?

また、水質はPHだけではなく、水の綺麗さ?ということも大切です。水換えをしなければ水が汚れますので、いくらろ過を回していても最低でも1か月に3割ぐらいの水は交換したほうが良いです。

水温

水温は25~28℃ぐらいが適温です。

もちろん、冬場など寒い季節になるとサーモスタットやヒーターなどが必要になってきますよね。熱帯魚なのですから。

しかし、意外と気を付けない人が多いのが、夏場です。

夏場は地域や水槽の設置場所にもよりますが、水温が30℃を超えることがあります。30℃を超えると熱帯魚といっても結構きついのです。ですので、30℃を超えないような水温管理は徹底しましょう。

餌の頻度、餌の量はもちろんのこと、どんな餌を使用しているか?というのも重要です。意外と餌って意識されていない人がいますけど、餌に硫酸銅などの添加物が含まれているものなどは当然魚に良いものではありませんので避けるべきです。

飼育数

過密水槽などはおすすめしません。飼育数が多くなると、ストレスも溜まりますし、酸欠になります。酸欠を防止するためにはエアレーションで対策はできますが、過密飼育はどうにもなりません。余裕のある飼育数をおすすめします。

ストレス

このように、いろいろな悪影響が重なり合うことにより魚へのストレスが大きくなります。あまり強い魚ではありませんのでストレスをためると死亡します。なので、ストレスを溜めないということを目指しこれらを注意することは大切なことになります。