コリドラスの平均寿命と長生きさせるための飼い方について。

ところで、コリドラスの平均的な寿命って平均的な寿命って知ってます?

3~5年ぐらいが一般的な寿命といわれています。

やはり、体が小さいということもあり、キャットテールや日本のナマズと比べても寿命はかなり短いです。けれども、3年から5年っていうのも結構幅のある話だと思いませんか?

もちろんですが、人によっては、1年も飼育飼育できずに終わってしまうという方もいらっしゃいます。この辺は飼育者の裁量次第といったところではないでしょうか。

つまりは、飼育の仕方によってコリドラスの寿命は大きく変わりますので、できるだけ長生きできるような飼育をしてみませんか?

そこで、今回はコリドラスを長生きさせるうえで重要なポイントをいくつかまとめてみましたので参考までにご覧ください。

そもそも、コリドラスは飼育方法が難しい魚なのだろうか?

飼育者によって寿命に大きな差が生まれる。ということは、コリドラスの飼育は難しいのか?というと、小さい分弱いというのはありますね。確かに大きなナマズよりは難しいかもしれませんがそれでもポイントを押さえれば飼いやすい魚かと思います。

けれども、実際問題そんなに寿命の長い魚ではないのは事実です。そこで、コリドラスがどうして寿命が短いのかを考えてみました。

小型種なので捕食対象

コリドラスは小型の魚に分類されますので、自然下ではそんなに強い魚ではありません。そのため、大型の肉食魚や水棲の爬虫類、両生類などに捕食されてしまうことは多々あります。こういった理由からあまり長生きしないのではないかと思います。

飼育方法に問題がある

上記の理由から野生に生息するコリドラスよりも水槽に飼育されているコリドラスのほうが長生きする可能性は高くなります。ただ、飼育の方法に問題があれば長生きさせることはできません。ネオンテトラやグッピーほどではありませんが、気を遣わなければいけないポイントもあります。

品種改良による弱体化

例えば、アルビノ種は、一見するとかわいくて育てたくなると思うんですよね。ただ、どの生き物もそうですがアルビノは体が弱くなっています。原種に比べると寿命を延ばすのも難しいかもしれません。そういった意味では品種改良により飼育が難しいものもいます。簡単で丈夫なものを飼育したいなら原種もしくはその近隣種がおすすめです。

コリドラスを長生きさせるためのポイントをまとめました。

前提としてコリドラスを長生きさせるには病気を常に予防することと、快適な水質で生活させることだと思います。この二つのポイントさえ気を付けておけば比較的長生きさせることは難しくはないと思います。それでは行きましょう!

水温管理

早死にさせてしまう理由の一つがここだと思います。いやいや、水温ならヒーターで調整すれば大丈夫でしょ?とおっしゃる方がいますが、確かに春、秋、冬ならそれでいいと思います。

でも、夏は逆に水温が上がります。水槽の場所次第では30℃オーバーになります。そうなるとコリドラスにとっては非常に負担になりますので、夏場は逆に冷却ファンを使用したり、クーラーを使用して水温を下げてあげるべきです。

夏の水温がクリアできなければ、よほど強い魚でないと飼育は無理です。

水質に問題あり

コリドラスによって快適に暮らせるPHもありますが、水質に順応しやすいので、日本の水のPHであればほとんどの魚種は飼育可能です。では、何が問題なのかというと、水換えをしないことに問題があります。

そもそも、アクアリウムで水換えをしないこと自体あり得ないんですけど、年のため説明しておくと、さすがに、糞、尿、餌の食べ残しが多くなると水質が汚れますので、いくらろ過を回しているとは言え、一週間に1度は水槽の3割ぐらいの水は交換しましょう。

その際に、麦飯石溶液やバクテリア剤などを使用して水質を整えるのもおすすめです。

酸欠

飼育数が多くなることにおいていえる話なのですが、ろ過だけですと酸素が不足しますので別途エアレーションで水中の酸素量を増やしてあげることをおすすめします。

また、コリドラスは水流が好きで、水に逆らって泳ぐ傾向にあります。そのため、水流を出すポンプを使用するのもおすすめです。これなら酸素量も増えるうえに水流も作れます。

コリドラスが水流で遊べば、それが運動にもなりますので、底でじっとさせておくよりも健康維持には効果的です。

ストレス

コリドラスを飼育する水槽のサイズは30㎝規格でも問題なく飼育は可能です。ただ、そこに泳がせるコリドラスの数は少ないほどよいです。複数飼育してもよほどのことがないと喧嘩はしません。どちらかといえば、基本仲良しです。

ただ、数が増えて密集してしまいますとストレスが溜まりますので、ご自分の飼育する水槽に合った数を飼育しましょう。45㎝規格でも10匹程度は飼育は可能です。

他に、ストレスを溜めないようにするためのポイントとしておすすめなのが、シェルターを入れることです。流木、岩、水草、シェルターでレイアウトしてコリドラスの隠れ家を作ってあげるとよいです。

コリドラスの餌は専用の人工飼料ならなんでも良いのか?というと違います。まずは有害の添加物が含まれていないものを与えましょう。ほかには、冷凍アカムシなども与えます。

ただ、栄養バランスを整えるために人工飼料をメインにすると良いでしょう。あとは、餌の頻度です。食べ過ぎは毒なので、1日1回、5分程度で食べきる量を与えます。

グッピーやネオンテトラなどと混泳している場合は少し多めに与え下に沈殿するようにします。あとは、コリドラス専用の餌を同時に与えることですね。