シマドジョウの飼育方法!寿命・餌・繁殖など飼い方について。

本日はシマドジョウの飼育方法や生態などについてお話ししたいと思います。

さて、古代魚などの肉食魚、肉食の爬虫類、両生類を飼育されている方からするとドジョウは餌のために飼育するものだと考えている人も数多くいると思います。

私も雷魚を飼育していたときはドジョウは餌だと思っていましたからね(笑)

ただ、そんなシマドジョウも日本淡水魚水槽に入れて飼育してみたことがありますが結構面白いもんです。餌をやってこっちに寄ってくる姿を見るとかわいいのもわかります。

そんなこともあり、メダカや金魚と混泳して飼育されている方も多くいらっしゃるみたいですね。それに、熱帯魚のプレコとかと同様に水底にある苔とかを食べてくれるので水槽の掃除屋さんとして導入するのもおすすめです。

というわけで、本日はシマドジョウの飼育方法についてお話ししたいと思います。それでは行きましょう!

シマドジョウとは?

シマドジョウ(Cobitis biwae)は、コイ目ドジョウ科に属する淡水魚です。

スジシマドジョウなど似た種類が同じ部類に多いで。そして、生息域によっては亜種がいます。これを選別するのは難しいです。また、カワドジョウ、ササドジョウ、スナサビ、スナメなど地方によって呼び名が異なることがあります。

体長

最大15㎝ しかし10㎝オーバーは非常に珍しく平均すると8㎝程度で収まることが多いです。

生息地

日本固有の在来淡水魚です。山口県西部・四国南西部以外の日本の水域に分布します。特に中流域の水底が砂利の環境に多く見受けられます。

食性

ユスリカというハエの仲間の幼虫、ほかにはイトミミズや生物の死骸などを食べます。

特徴

口ひげは左右に3本づつあります。体が細長く丸みをおびた尾鰭が特徴的です。体表は茶色で黒色の円形、楕円形の斑点が10~20本程度縦に並んでおります。また、種内変異といわれ、地域によっての個体により模様差があります。

瀬戸内地方では通常の四倍のサイズの個体が見つかるなど種内変動が激しい個体でもあります。

そして、ほかの種と見分けるポイントは、オスの場合は胸鰭の第2鰭条第1節が発達すると骨盤質となりそれが著しく成長し、付け根が楕円形、先端がくちばしのような形になります。ここで判断することができます。

シマドジョウの飼育方法

第一前提としてシマドジョウはどぶ川など汚い環境でも生存することができるので飼育が非常に楽です。よほどのことがない限り病気にかからないのではないかと思います。そんなシマドジョウにおいて私が考える飼育方法を紹介します。

水槽

シマドジョウは大きくなっても8㎝程度に収まることが多いため、そこまで大きな水槽は必要ありません。30㎝水槽あれば十分飼育することができます。数多く飼育したいなら45~65㎝水槽で飼育すればよいのではないかと思います。

底砂

底砂はソイルや川砂、田砂、砂利で良いかと思います。石、塩ビ管、流木を入れて隠れ家を作ってあげましょう。マツモなど強い水草を入れてあげるのもおすすめです。その代わり水草はトリミングなど手入れも必要になります。

水作

PH 6.0~7.0

水道水をカルキ抜きしたものを水槽に入れればよいです。麦飯石やバクテリア溶液を使用しても良いですが、シマドジョウはそこまでしなくても大丈夫だと思います。

心配なら使用すれば予定度です。確かに、バクテリアが生息しているほうが魚にとっては良いですからね。それか、何もいない水槽に魚のえさを半つまみぐらい入れて1週間ぐらいろ過を回すのでも良いかと思います。

濾過機

濾過機は何でも良いでしょう。水槽が小さいなら外掛け式濾過機でも良いと思います。1か月に1度ぐらいはフィルターの掃除、ろ材を水槽の水で軽く洗う程度。(バクテリアが生息しているため水道水を使わない)

販売先

すぐに安く購入すしたいなら田舎のスーパーには大体あります。おつゆにして食べることがありますので生きたドジョウが売られているんですね。そこで購入するのもやすいです。ただ、飼育用に販売されていないので弱っているとか、あんまりよい個体ではない場合もあります。

あとは、ガサガサをやればシマドジョウぐらい簡単に捕まえられると思いますし、何なら楽天ショップの通販を利用すればいいと思います。

シマドジョウ5匹で900円で購入することができます。安ーーーいですね。また、こういうショップの場合は飼育用に販売している個体なので消毒しているので寄生虫とかなくて飼育という意味では非常に良いのです。

水温

活発に動ける水温は15~30℃程度。冬にヒーターは必要か?という考えですが、長生きさせたいなら水温は15℃以上にキープさせたほうが良いと思います。砂に潜って冬眠はしますが春、夏、秋で摂取した栄養が足りない場合は冬を越せず死ぬ場合も考えられますからね。

餌はメダカの餌、熱帯魚の人工飼料などを与えればよいと思います。

寿命

野生のシマドジョウは短命で1~2年程度といわれています。飼育下の平均寿命も3年程度と短いですが、上手に飼育されている人の中では10年以上飼育できているという人もいます。

この差は飼育環境に左右されていると考えられます。生命力が高いとはいえ、シマドジョウが生活しにくいような環境では短命になります。

田んぼのように浮草があるような本来シマドジョウが生息している環境をできるだけ再現してあげることで寿命も長くなると考えられます。

繁殖

シマドジョウを繁殖させることについてですが、できれば広い飼育環境を用意したほうが良いですね。

スペースが広ければ繁殖しやすくなります。そのうえで、泥が重要になります。シマドジョウは泥の中に卵を産み落とすので砂だと厳しいのです。ということで、観賞魚とは別に繁殖用の飼育場を用意するのが簡単だと思います。

水温30℃で20時間、水温20℃では54時間の孵化が事例でありますので20℃ぐらいの水温はキープすべきですね。