ヤマトヌマエビとメダカや金魚の混泳は失敗のリスクも考慮すべき理由について。

メダカや金魚を飼育している水槽に苔や藻が生えてくる。そんなときにお掃除屋さんとして役立つのがカワエビです。ヤマトヌマエビを混泳させようと考えている人もいるでしょう。

実際、アクアリウムで魚とヤマトヌマエビを混泳させている人もいます。

例えば、タナゴ、モツゴなどそういった魚であれば混泳は可能だと思うんですよね。

混泳において重要なのは飼育する魚とサイズを合わせることです。メダカやネオンテトラ、小赤などヤマトヌマエビよりも小さな魚の場合は捕食されるリスクもあります。

また、逆も有り得ます。

一見すると、エビを食べるのか?疑問に思える魚。人工飼料しか食べないようにも思えます、錦鯉、金魚、ハヤなどといった魚です。冷凍アカムシも食べますので動物性の餌も欲しがることがあります。

実際、ランチュウなどの金魚や錦鯉はカワエビを襲いますし、自然界ではハヤはカワエビを捕食しますので、混泳することはヤマトヌマエビが食べられるリスクが考えられます。

メダカとヤマトヌマエビを混泳させたい場合

もちろん、メダカと混泳させることは不可能ではありません。ただ、考慮していただきたいのは最悪食べられてしまうというリスクがあるということです。そのうえで方法についてお話ししたいと思います。

大きな水槽で飼育

面積が小さく、密集している環境であればあるほど、捕食のリスクがあります。なぜなら、メダカとヤマトヌマエビの距離が縮みますから、ヤマトヌマエビにとっては捕食しやすくなるということです。

そのため、飼育数にもよりますが、水槽の面積を大きくして水量も沢山入れることで広々と飼育することができるので小さな水槽よりは捕食される確率が下がるということです。

パワーバランス

もし、メダカと混泳したい場合は、ヤマトヌマエビよりも少し大きなタナゴなども混泳させてあげるとよいです。日本淡水魚水槽の様にしてしまって、いろいろな魚を泳がせます。もちろん、捕食されないという保証は有りませんがこのようにごちゃごちゃにすることでそのリスクは多少下がるでしょう。

動物食を与える

ヤマトヌマエビがメダカを捕食する理由として、動物性の餌を欲しているか脳性があること。

よく、ヤマトヌマエビは水草や苔を与えているから大丈夫だと思う人もいますね。しかし、彼らは雑食の動物で時には動物性の餌を欲しがるものです。自然界でも魚の死骸などを食べたりします。

そのため、たまには冷凍アカムシを与えて動物性の餌も食べさせてあげましょう。

金魚と混泳する場合はどうしたらよいか?

小赤のような小さな金魚はヤマトヌマエビの捕食対象になることもありますが、ランチュウ、オランダ獅子頭、デメキンなど大きな金魚になると逆にヤマトヌマエビが襲われます。

なので、基本的に金魚とはあんまり混泳することはおすすめしません。

お腹が減った金魚は普通にヤマトヌマエビを捕食してしまいますのでこればかりはリスクしかないと思います。