カマツカ(魚)の飼育方法!販売・通販・餌・水槽などについて。

カマツカってご存知ですか?バラ科の植物にもカマツカという花がありますが、もちろん、それではなく魚のカマツカについてです。

僕の実家は新潟のとある田舎にあります。(福島潟の近く)なので、魚が住むような小川はたくさんあるんですね。小さい頃にガサガサをやると10㎝オーバーのカマツカというハゼみたいな魚がよく捕れたものです。

淡水ハゼのようにも思えますが実はコイの仲間。地元ではグンズなどと言われています。

そんなに活動的ではなく遊泳することはほとんどなく水底にいますので見ていたそんなに面白くはないかもしれませんが、日本淡水魚水槽に入れるのはいいと思います。

さて、そんなわけで本日はカマツカの飼育方法についてお話ししていきたいと思います。それでは行きましょう!

カマツカとは?

カマツカ(鎌柄、Kamatsuka 01.svg(魚+末)、Pseudogobio esocinus)は、コイ目 コイ科 カマツカ亜科の魚類の一種です。

生息地

日本の岩手県、山形県以南の本州、四国、九州に生息します。国外では朝鮮半島や中国北部が生息地となります。

特徴

体長 15~20cm

コリドラスという熱帯魚のように口が下に伸びているのが特徴的です。サイドにそれぞれ髭が伸びております。中流~下流域の河川、湖畔、潟などに生息します。

水棲昆虫や泥や砂に紛れ込んでいる有機物を吸い込み砂や泥は鰓蓋から吐き出して餌だけ飲み込みます。春から初夏にかけて繁殖期です。

性格はおとなしく、活動的でもありません。外敵が現れたり、驚いたりすると砂の中に潜ったり、水を濁らせ素早く逃げる様からスナホリ、スナムグリ、スナモグリなどといわれています。

そして、海水魚のキスに生態がそっくりなことからワカギスという呼び名もあります。餌を食べるときに鰓から砂を吐き出す様からスナフキなどという呼び名もあります。

カマツカの飼育方法

販売価格

カマツカはそんなに珍しい魚ではありませんので小川でガサガサをやれば比較的簡単に捕まえることができるかと思いますが、どうしても手に入れられないのであればネット通販で買えばよいと思います。また、そのほうが消毒されているので寄生虫や細菌感染の心配が少ないです。

カマツカですが、1匹1000円以内で購入することができますので、大きめの水槽で飼育するなら大量購入するのも良いのではないかと思います。

水槽

最大で20cm程度なので60㎝水槽を準備すれば十分です。水槽にたくさんの魚を入れたいのであれば75㎝、90㎝の水槽を用意します。3匹程度なら60㎝で良いと思います。

環境

田砂など比較的細かい砂利、大粒の砂利を混ぜる感じでも良いですね。カマツカは砂に潜ったり砂を吸い込んだりするので底砂は入れると良いです。あとは、石や流木で隠れ家を作ってあげましょう。

水質

PH 6.0~7.0

PHに関しては水道水が魚を飼育できるPHなので問題はないです。飲料用の浄水器を通すとアルカリ性になったりしますからダメなんですね。全般的にイオン指数でみたときに中性のこの範囲がよいのです。

水道水を水槽に入れたらカルキ抜きを行います。カルキ剤を使うか、1週間ぐらい放置するか。バクテリアは麦飯石溶液かバクテリア剤を使用し、2~4週間程度ろ過を回せばよいでしょう。

底砂やろ過装置に入っているろ材が作用してバクテリアを繁殖させます。もう少しバクテリアの立ち上げを早めたいなら魚のえさを少し入れておくだけでもよいです。

その場合、生体を迎え入れる前にアンモニアや亜硝酸塩の数値を試験薬でチェックします。高いようなら3割ぐらい水替えをし、大丈夫ならそのまま使用します。

水温

日本淡水魚なので日本の気候に合わせてればよいです。そんなに弱い魚で夏に気温が上がっても、冬に気温が下がってもなかなか死亡しないかと思います。ただ、真夏に30℃を超えるとなると少し考えたほうが良いでしょう。

濾過機

これはなんでもいいと思います。というのも、カマツカは強い魚ですからそんなにうまくろ過ができなくても比較的生き残れます。水槽の水を綺麗にしたいなら強力な上部ろ過を使用すべきですし、何でも良いなら外掛け式の濾過機でも良いでしょう。

1か月に1~2回は3割程度の水を交換します。掃除の際にフィルターを洗いろ材を軽く水槽の水で流す程度で汚れを落とします。

沈殿する人工飼料、冷凍アカムシなどで良いかと思います。

混泳

特に混泳させることについては問題ありません。日本淡水魚水槽などで混泳させることでほかの魚の食べ残しなどを食べてくれます。熱帯魚の水槽に入れるのもおすすめです。ただ、酸欠にならないように魚の数が多いなら酸素も沢山供給させましょう。